レストラン塾、レス塾、名古屋、愛知、レストラン経営支援、シェフ達のヒーローズ・ジャーニー、レストラン顧客支援、クエスト,ログ,rq,名倉裕一朗,テーブルホスト、レストランが100倍おいしくなる会、100倍会、サービスマインド,料理法,調理法,ワイン,日本酒,カクテル,ビール,焼酎,フレンチ,イタリアン,和食,中華,グルメ,食べ歩き,グルメ、三ツ星、シェフ、レストラン検索

レストラン塾

july

7月のレストラン塾

テーマ「炭焼きの極意教えます・・・もちろん合わせ技は日本酒」

終了しました!
下記に報告があります!
いろり料理 紅 kou オーナーシェフ 伊藤浩市氏
                       
                            
今回は私・名倉の大好きな紅kouのカウンターと伊藤オーナーシェフを貸し切りました。
「外食とはロケーション・・・見せることもご馳走である」という
伊藤シェフの炭焼きの醍醐味をご堪能いただきます。
焼き方のレクチュアもあり、もちろん合わせるのは日本酒です。

10名限定ですのでお早めに!

日時 2012年7月2日(月)19時30分からゆったりと!少し遅めのスタートです。
会場 いろり料理 紅kou
http://kou1995.com/saito/hong.html
〒464-0061 愛知県名古屋市千種区向陽1-12-30 TEL052-761-3577
会費 7800円   



画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明

テーマ「炭焼きの極意教えます・・・もちろん合わせ技は日本酒」の報告です。

画像の説明画像の説明画像の説明


先ずは北海道産天然ほたての殻焼から
画像の説明


合わせる日本酒は
佐賀の隠し生酒 吟醸 裏鍋島
鍋島の隠し裏酒 一般では手に入りません。
スッキリとした中に旨味も。
何杯でもいけます。



車えび塩焼
紅さんの看板メニューの一つ
美味しそうで写真を撮る前に食べてしまいました(笑)
殻まで香ばしく美味しく頂けます。


日本酒は
亜麻猫(あまねこ)秋田 新政 純米酒
瑞々しい綺麗な味わい
本来の黄麹ではなく焼酎に使う白麹を使用。
さわやかな酸が出ます。
画像の説明


伊勢産さざえのつぼ焼
画像の説明


富山 かぶとむし 雄町隠し酒 仙禽
ラベルもユニーク
酸味が増し、日本酒らしい旨味と香りが出てきます。
画像の説明


生ハムとチーズの焼春巻
洋の味で気分転換
画像の説明


ソッガ ミヤマニシキ(美山錦) 吟醸原酒
栗きんとんで有名な長野・小布施
まるでワインのエチケット
ワインメーカーが作る日本酒です。
希少なお酒です。
白ワインを彷彿とさせます。
画像の説明


じゃこ天
独特の食感
画像の説明


イカのつくね
繋ぎもすべてイカ
イカの素材感と旨味の出た逸品
画像の説明


ほたるいかの素干し
内臓の苦みがポイントの酒のアテの定番
画像の説明


三重錦うすにごり
吟醸生原酒 雄町錦と山田錦 
現役のプロボクサーでもある中井昌平さんが
一人で醸す希少なお酒。
名古屋の濃い味の料理に合わせてもらいたい
骨太な日本酒です。
画像の説明


手羽先炙り焼き
じっくり時間をかけて炙って香ばしさと旨味を出します。
画像の説明


仔羊の香草焼き
3日間寝かした奥深い味。
紅さんの定番メニューです。
画像の説明


しいたけ
焼き方を教えていただきました。
火の強くない網の淵でひっくり返さず
片面だけを少しづつ回しながら焼きます。
ひだの部分に水分が出てきたら食べごろです。
画像の説明


郷乃誉 茨城
須藤本家 吟醸生酒 隠し酒
平安朝から850年の歴史を持つ日本最古の蔵です。
画像の説明


鮎の炙り焼き
じっくり時間をかけて遠火で炙っていますので
骨まですべていただけます。
画像の説明


ソガ ペール エ フィス
長野・小布施 ミヤマニシキ 吟醸原酒
わずかに発泡。採算度外視のお酒。
小布施のテロワールにこだわる
ブルゴ―ニュのワインメーカーのような蔵。
画像の説明


焼ききりたんぽ
胡麻醤油を塗りながら焼いた締めの定番品。
画像の説明


紅さんの自慢料理をベストな焼き加減でいただきながら
希少で珍しいお酒をいっぱいいただきました。
伊藤オーナー、ほんとうにありがとうがざいます!
次回も楽しみです。



テーマ「和のテイストとフレンチの試み」

終了しました!
下記に報告があります!
フレンチ ツキダテ オーナーシェフ 築舘幸伸氏
                       
                            
名古屋のフレンチを代表する一店ツキダテの築舘シェフによる
新しい試みです。
和の調味料とフレンチを如何に融合させるか?
そろそろ日本人としてのフレンチを考えてもいいのでは?
そんな構想が感じ取れる料理の予感。
思う存分味わっていただきます。

10名限定ですのでお早めに!
この日はお店もシェフもこの10名で貸し切ってしまいます!
なんと贅沢な企画でしょう!!

日時 2012年7月17日(火)19時30分から

会場 Restaurant TSUKIDATE
 http://tsukidate.info/
愛知県 名古屋市中区錦2-5-25 3F 袋町ビルTEL 052-203-0077
会費 18000円   

画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明*当日のお料理とは異なります。

テーマ「和のテイストとフレンチの試み」の報告です。

今回使用した和の調味料です。
画像の説明画像の説明画像の説明


先ずは
ズワイ蟹のパルフェ、宮崎産マンゴー
スプーンアミューズ
隠し味は味醂
画像の説明


ツキダテオリジナルアペリティフ
長野県富士見産 真っ赤なルバーブ
画像の説明


淡路島のハモにジュレ
ジュレは2種類でハモ出汁と勲碧。
画像の説明


マロンヴィラージュ‘04
シャルドネ
画像の説明


渡り蟹、パッションフルーツ、
石川県産ブルーベリーのカッペリーニ
堂々の渡り蟹君一匹使い
画像の説明


クレマン・ド・アルザス‘05
素晴らしい出来、最後の1本
画像の説明


アズキマスのブイヤベース仕立て
花付きズッキーニのファルシ
豊浜の魚醤風味
画像の説明


ヴ―ヴレー”ラ・フォーリエ―”‘03
ロワール産 シュナンブラン
画像の説明


フランス産鴨胸肉のグリエ 
八丁味噌(まるや)のソース
味噌と合わせた赤ワインでソースを作りました。
オーストラリア産トリュフ&本みりん福来純
フランス産フォアグラ&長者町はちみつ
画像の説明画像の説明


ベルジュラック”キュべオゼ”‘08
ボルドー東部 メルロ―・カベルネフラン
八丁味噌に絶妙のマリアージュ
画像の説明


抹茶(長者町2丁目の升半)のアイスクリーム
スイカのシャーベット添え
夏を感じます。
画像の説明


築舘シェフとしても和の調味料を大胆に
取り入れた初めての試みです。
ありがとうございました。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional